鍼灸

自分でやるより鍼灸院を利用するべき二つの理由

パッチ鍼や火を使わないお灸など、便利なグッズが販売されているおかげで鍼灸は身近なものになりつつあります。肩こりがつらい時など、自分ですぐに治療できるのは便利ですね。しかし、本当は自分でやるよりも鍼灸院で専門家に任せる方がいいのです。主な理由は二つあります。
一つは、専門家でない人ではツボの位置を読み違える恐れがあるということ。有名なツボなら図解で詳しく説明している本もありますが、人体にはそれ以外にも無数のツボがあります。中には刺激するべきでないツボもあり、間違えると不調が治らないばかりか新たな不調を引き起こしてしまうのです。
もう一つの理由は、鍼灸院ならきちんとした診察を受けられるということ。鍼灸院では治療内容を決定するために「四診」と呼ばれる四つの診断方法を用います。一つ目は顔色などを目で診ること。二つ目は声の調子や口臭、体臭を耳と鼻で診ること。三つ目は患者自身から話を聞くこと。四つ目は脈拍やお腹の緊張状態などを触って診ること。この四つを行なってようやく適切な治療を決定することが出来るのです。それをせずにいきなり治療を行うと、一時的には治った気がしてもまたすぐ元に戻ってしまいます。
以上の理由から、鍼灸治療は自分でやるよりも鍼灸院でしてもらう方がいいのです。自分でやることに慣れた人も、時々は鍼灸院で診察を受けることをお勧めします。

Choices